必見!新亜光学工業株式会社の輸送事業

新亜光学工業株式会社が輸送事業をする理由

新亜光学工業株式会社は自社の製品を万全に届けるために、自ら輸送業を立ち上げたという経緯があります。
普通はこの手の畑違いの事業に手を出した場合、多くは失敗して事業撤退のパターンがほとんどなのですが、新亜光学工業株式会社は上手く安定軌道に乗せ、輸送分野においても独自の地位を築くことに成功しました。
新亜光学工業株式会社が輸送業でも高い評価を得ることができた訳は、ひとえに目的が明確だったからでしょう。
それは自社の製品を万全な状態で届けるという目的です。
新亜光学工業株式会社の製品の大半はガラス製品や精密機器で、非常にデリケートな取り扱いを要求されます。
その目的を達成するために輸送システムを構築していった結果、新亜光学工業株式会社の輸送はどんなものであっても万全に届けることができる信頼性の高いものとなったのです。

なぜ独自の輸送でも信頼できる?

新亜光学工業株式会社は、国内においては全て自社のトラックとドライバーを使って配送しています。
これは光学製品を運ぶノウハウを持っている自社で全て輸送を行うことによってデリケートな光学製品を速やかかつ安全に運べるようにするためです。
海外への輸送に関しても同様で、新亜光学工業株式会社は製品の破損のリスクが高い航空便での配送は行っていません。
ではどうしているのかと言うと、新亜光学工業株式会社はもっぱら自社船舶で海外輸送を行っているのです。
船舶での輸送は時間はかかりますが、品質の管理に優れるという強みがあります。
更に、自社の船舶を使うことで確実性も向上します。
ただ、大手を除いて自社で大型船舶を保有している企業はごく少数で、当然のことながらコストも馬鹿になりません。
コストをかけてまで製品を万全の状態で届けるというその姿勢があるからこそ、輸送分野でも高い信頼性を勝ち取ることに成功したと言えるでしょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る